敷島カントリー倶楽部概要

敷島カントリー倶楽部概要

敷島カントリー倶楽部
敷島カントリー倶楽部は昭和52年10月、富士観光開発株式会社のゴルフ部門において「富士桜カントリー倶楽部」「富士レイクサイドカントリー倶楽部」の姉妹コースとして誕生しました。そのコンセプトは、まさにメンテナンスなど高品質でありながら、プレイしやすいリーズナブルでフレンドリーなコース。フジサンケイクラシックを開催する「富士桜カントリー倶楽部」などを設計管理するノウハウを生かしたハイクオリティーなコースを、リーズナブルにお気軽にプレイしていただけます。

そのロケーションも中央道八王子I.C.より約70分、という近さ。中央高速韮崎インターより15分。標高950mの丘陵地に広がる、ゆったりとした102万u(31万坪)のコースは、遠く富士山を望み、南アルプス、昇仙峡、甲府盆地が一望できる360度のパノラマは解放的なプレーにさらなる楽しみを加えています。
敷島カントリー倶楽部敷島カントリー倶楽部

敷島カントリー倶楽部
コースは平成元年、よりゆったりとしたプレーが楽しめるように、リニューアル。アウトは富士山の眺望が良く、適度なアップダウンと飽きさせないホールレイアウト。インは風景美を最大限に活かすよう、自然の地形を利用したホールが続きます。四季の変化を敏感に反映する豊かな自然のなかでゴルフプレーの醍醐味をご堪能いただけます。

敷島カントリー倶楽部敷島カントリー倶楽部

敷島カントリー倶楽部敷島カントリー倶楽部
敷島カントリー倶楽部